3Gシールド・アイデア・コンテスト

Large file

NPO法人3Gシールドアライアンスでは、2014年11月16日に第2回目のアイデア・コンテストによる最終審査のカンファレンスを開催しました。
多くの3G通信モジュール(3Gシールド)を使ったアイデア作品の中から上位9チームを選び、最終審査会としてカンファレンスによる最終プレゼンとデモ展示を行いました。

結果は、以下の通りです。
http://3gsa.org/information.html

■最優秀賞 「快適マネージャー」 東京都立小石川中等教育学校 中学1年生 小川君
 この作品は、屋外にいるところから、スマホなどを通じて、自宅の温湿度センサによる不快指数を調べ、帰る前に暖かくしたり涼しくしたりする装置まで作り上げたものです。もちろんArduino+3Gシールドを使い、TABシールドに搭載した温湿度センサの値を、自作のクラウドにアップしたり、複雑な不快指数の計算式まで使ったアイデアが沢山盛り込まれています。プレゼンでは、このアイデア、単に屋内の温湿度の監視モニタリングだけでなく、旅行先からの屋内のペットや観葉植物のケアや、車内に待たせたペットのケアなども利用提案がありました。
 とても中学一年生一人で開発したとは思えない素晴らしい作品でした。

■優秀賞 「ポチっとじょうろ」 東京都立小石川中等教育学校 中学2年生 中野君・中本君・小林君
自宅で植物を育てている人たちが、長期での旅行などで家を空ける場合、水やりを気にすることがあります。このアイデア作品は、旅行先にていても安心して植物の水やりができるものです。こちらはArduino+3Gシールドの他に、水分量が分かる土壌センサと電動ポンプを組み合わせた作品となっています。土壌が乾いてくると、自動的にメールによって旅先のスマホに知らせてくれ、水やりのメニューで、5秒間とか10秒間などの間隔で水やりのメニューを選択します。そうするとことで、自宅の灯油タンクなどに入った水から電動ポンプを使って、水やりが自動で行われます。こちらも旅行中のペットのえさやりなどにも応用できるとプレゼンで行っていました。

■特別賞 「Rubyを用いたマイコンプログラムの遠隔書き換えシステム」 チーム海南 山本氏 ほか和歌山県海南高校5名
こちらの作品は、今年の「缶サット」コンテストでの応募作品において工夫して開発した一部のアイデアとなります。缶サットで飛ばす機器にマイコンボードと3Gシールドを搭載し、遠隔によってプログラムを書き替えが行えるようにした高度なプログラミング技術となります。無人探査機の「はやぶさ」と同じように、遠隔操作によって、時差を考慮し、途中での指令を変更するためにプログラムを書き替えを可能としたものです。このアイデアは、山本氏の研究テーマでもあり、Rubyボードの開発なども一緒に紹介されたすばらしいものとして評価されました。

■特別賞 「Dustino(ダスティーノ)~ゴミ箱管理システム」九州工業大学 備後君、城戸君、張君
この作品は、ゴミ回収の効率化とポイ捨て防止を図った新たなゴミ箱の提案で、ゴミ箱に容量と臭いを計測するセンサを取付け、ゴミを捨てたい人たち向けにスマホでゴミ箱の情報をサービスするものです。この作品では、いくつものゴミ箱まで管理するための工夫として、親機に3Gシールドを搭載し、子機との関係でXBeeを使っていました。このほか、害鳥対策なども工夫されたり、ゴミ捨て防止としての工夫も入っていました。

■その他の作品評価について
 その他にもGPSの精度を比較した作品や冷蔵庫を使ったお年寄り見守りシステム、自動散水システム、熱中症予防散水システム、心拍数測定システムなど、面白い作品の提案がありました。
 その他、最終選考には残らなかったものでも空き座席を知らせる提案は、家具メーカでもニーズがあるもので、場合によっては製品化に近いものもありました。

■審査に当たって頂いた先生方です。感謝申し上げます。
萩谷 昌己 先生[東京大学教授]〈委員長〉 
筧 捷彦 先生[早稲田大学教授]  
汐月 哲夫 先生[東京電機大学教授]
林 誠治 先生[拓殖大学准教授]
鈴木 誠 先生[東京大学助教]
天良 和男 先生[東京都立小石川中等教育学校教員]
株式会社インターネットイニシアティブ 様
■協賛会社様(敬称略)
㈱インターネットイニシアチブ 
インテル㈱    
㈱インフォコーパス   
㈱エイビット
㈱スイッチサイエンス    
㈱タブレイン    
㈱フタバ企画         
マイクロウェーブファクトリー㈱ 
ルネサスエレクトロニクス㈱ 
ローム㈱
■共催
日刊工業新聞社

Large file
↑Top
ものづくりをもっと楽しく!もっと継続的に!