公開日:2015/07/24  最終更新日:2016/06/25

Prarace

制作:2015年7月〜  工数:7 日

1

Kinect V2で測定した足踏みの速さをBluetooth接続したプラレール車両に送信して動かします。
速く動けば車両も早く動きます。
2人対戦が可能で駅からのスタートやストップとも連動しています。

Small file この作品はCCライセンス「表示」の下に提供されています。

views

1,157

comments

0

― 制作のきっかけ、理由

家にあったプラレールをコントロールできたら面白いなと。
最初は普通にスマホでコントロールできる方向で考えていたのですが、Kinect v2を使って二人対戦の体を動かすゲームにしたら子供がよろこんじゃないかと思って現在の形に。

― こだわった点、苦労した点など

動力制御系の部品をいかにして車両の中にいれるか。2015年5月にベースとした商品が仕様変更されて単2仕様から単3仕様に変わったために機器の設置スペースが激減したのが痛かった。
スタート&ゴールも2レーン同時に操作してとなるとステーションをベースにというアイデアは良かったのですが、おかげで運搬ががさばることに。

材料・道具など

Kinect使って画面の中ではなく外に広がるものはとても楽しいです。

↑Top
ものづくりをもっと楽しく!もっと継続的に!
  • Makerなあなた
    Ttl dark footer01

    ※MakersHubの会員登録が必要です

  • ものづくり面白そう!と思った人
    Ttl dark footer02

    どんどんコメントして、
    ものづくりの楽しさを知ろう!

    ※Facebookのログインだけでコメントできます

Prarace

公開:2015/07/24 11:07:17

※通報内容によって、当社で不適切と判断されたものは掲載を削除するなどの対応を行います。必ずしも反映されるとは限りません。なお、通報内容への当社からの回答は行いませんのであらかじめご了承ください。

この投稿を通報しますか?