公開日:2015/07/16  最終更新日:2015/08/12

FlashAir+Arduino鉄道模型制御-1

制作:2014年12月〜  工数:3 ヶ月

1

FlashAir(東芝製無線LAN内蔵SDカード)とArduinoを組み合わせて、iPadから無線LANで鉄道模型を制御できるようにしました。
iPad〜FlashAir〜Arduinoのデータ送受信は、FlashAirの共有メモリを介して、iPadからはHTTPリクエストで、ArduinoからはiSDIOで読み書きしています。
iPadアプリは、Xamarinを利用してネイティブアプリを作成しました。子供向けを意識したUIデザインにしています。

本作品では、以下のことが可能です。
(1)iPadアプリからの鉄道模型の運転(ポイント制御、車両走行速度の変更、車両走行方向の変更)
(2)iPadアプリからの効果音再生(警笛、ドア開閉、発車ベル、踏切音)
(3)車両の在線位置検知とiPadアプリへの在線位置の表示
(4)車両の在線位置による信号機点灯制御
(5)FlashAir内のLuaスクリプトによる自動運転制御
 独自の運転コマンドを記述したテキストファイルを、FlashAirのSDカードストレージ内にアップロードすることで、任意の運転パターンの自動運転を行うことができます。

views

1,074

comments

0

材料・道具など

設計図など

本作品は、Maker Faire Tokyo 2015でも実機を展示します。
(ブース番号:H-05 東芝さんのブースにて。)
※東芝FlashAirの作例として展示していただけることになりました。

↑Top
ものづくりをもっと楽しく!もっと継続的に!
  • Makerなあなた
    Ttl dark footer01

    ※MakersHubの会員登録が必要です

  • ものづくり面白そう!と思った人
    Ttl dark footer02

    どんどんコメントして、
    ものづくりの楽しさを知ろう!

    ※Facebookのログインだけでコメントできます

FlashAir+Arduino鉄道模型制御-1

公開:2015/07/16 00:01:28

※通報内容によって、当社で不適切と判断されたものは掲載を削除するなどの対応を行います。必ずしも反映されるとは限りません。なお、通報内容への当社からの回答は行いませんのであらかじめご了承ください。

この投稿を通報しますか?