公開日:2016/12/26  最終更新日:2017/01/06

mkuBoard-44

制作:2016年12月〜 

1

IoT系の、少しピン数多め のボード考えてみました。

[概要]

技適を取得している、ESP-WROOM-02を搭載し、
周辺デバイス制御用のAtmega328P-AU(arduino)も追加している。
中級者向けIoT用マイコンボード的な使い方を想定した機種となります。
ドライバーは両方のコントローラに、UARTアダプターで書き込む必要があり
コントローラ間通信は、softWareSerial(UART)で可能です。

[特徴]

1) 比較的ピン数が多く、拡張性が高い。
2) ATmega側は、Esp8266のビルド速度が遅い面に対して、比較的 早めとなります

[仕様/機能]

基板外形寸法: 50×50 mm
動作電圧: 3.3V
入力電源: 5V 1A程度 (推奨)
通信: UART, I2C

[ATmega側]
ADC : 最大 4本 (*1
デジタル: 12本 (*2
クロック周波数: 外部クロック 8MHz

*1) I2C(A4/ A5)を使う場合は、最大2本
*2) UART(D0 / D1) を使う場合は、最大 10本
*) esp8266は、主にデータ通信とし、IO ピンは少なめとなっております。

SoftwareSerial(UART)

[参考の部品] mkuBord-44 (ESP-WROOM-02 +MCU搭載)

http://kuc-arc-f.com/make/?p=1070

=== Update:2017/01/06 ====

作例を追加しました : NTP Clock(OLED) + analog Sensor(LM60BIZ) with ATmega328P
http://knaka0209.blogspot.jp/2017/01/esp-wroom-02-34.html

views

345

comments

0

コメント

↑Top
ものづくりをもっと楽しく!もっと継続的に!
  • Makerなあなた
    Ttl dark footer01

    ※MakersHubの会員登録が必要です

  • ものづくり面白そう!と思った人
    Ttl dark footer02

    どんどんコメントして、
    ものづくりの楽しさを知ろう!

    ※Facebookのログインだけでコメントできます

mkuBoard-44

公開:2016/12/26 11:26:46

※通報内容によって、当社で不適切と判断されたものは掲載を削除するなどの対応を行います。必ずしも反映されるとは限りません。なお、通報内容への当社からの回答は行いませんのであらかじめご了承ください。

この投稿を通報しますか?