公開日:2014/11/24  最終更新日:2017/05/11

タモ無垢材使用 ニキシー管時計

制作:2007年1月〜  工数:30 時間

1

木製の外観と塗装にこだわりました。

views

1,640

comments

0

― 制作のきっかけ、理由

レトロなものを作りたかったので。

― こだわった点、苦労した点など

天板の裏にタッチセンサー内蔵。触れるだけで管が点灯する。
オートディマー機能で管が長持ち。
GPS時刻に自動補正。

ソケットを使わなければ、もっと高さを低くできたかも。

材料・道具など

製作記事が下記のページにあります。
http://fermata-studio.com/?page_id=297

↑Top
ものづくりをもっと楽しく!もっと継続的に!
  • Makerなあなた
    Ttl dark footer01

    ※MakersHubの会員登録が必要です

  • ものづくり面白そう!と思った人
    Ttl dark footer02

    どんどんコメントして、
    ものづくりの楽しさを知ろう!

    ※Facebookのログインだけでコメントできます

タモ無垢材使用 ニキシー管時計

公開:2014/11/24 09:08:13

※通報内容によって、当社で不適切と判断されたものは掲載を削除するなどの対応を行います。必ずしも反映されるとは限りません。なお、通報内容への当社からの回答は行いませんのであらかじめご了承ください。

この投稿を通報しますか?