公開日:2014/04/01  最終更新日:2015/09/24

IEM版3GシールドV2.0 東京都公認製品合格

制作:2014年4月〜  工数:5 ヶ月

1

■技術セミナー開催2015年2月23-24日
 http://3gsa.org/seminar.html
http://3gsa.org/seminar/20150223-34seminar.pdf

この度、東京都中小企業振興公社ニューマーケット開拓支援事業の支援製品に合格しました。
3G通信モジュールを使ったArduinoの拡張ボード(シールド)で、誰もが簡単に短時間でインターネット接続できます。
■3GシールドV2.0を販売開始しました。
 http://tabrain.jp/service3gshield.html
■他の3G通信モジュールとの優位性をまとめました
http://tabrain.jp/data/3gshieldadvantage.pdf

■アマゾン販売:
http://www.amazon.co.jp/dp/B00JP26U8U

これまで3G通信モジュールを使うには、高度な技術をもった人たちしか利用できませんでした。しかしこの3Gシールドの出現によって、簡単な関数呼び出しで、インターネットと接続できるようになり、大きな技術ハードルを下げることができました。
また、オープンソースハードウェアArduinoは、高度で最先端のセンサーをはじめとする多くの電子部品を簡単に扱うことができ、さらに3Gシールドによってインターネット接続との連携で、今後に期待されているM2MビジネスやIoTビジネスに特化した新たな製品開発ができるようになります。
これらM2MやIoTの世界での通信技術を使った製品化は、まだまだ豊富なビジネスチャンスがある世界で、それに加えセンサー技術との連携は、センサーネットワークやワイヤレスセンサーシステムなどを創造する上で、Arduino+3Gシールドの可能性は未知数といったところです。
日本のモノづくりにおいて広域通信ネットワークを使った製品化に、挑戦してみては如何でしょうか。

views

18,149

comments

23

― 制作のきっかけ、理由

2010年度の総務省の交付金「地方雇用創出ICT絆プロジェクト」における応募で「モバイル人材育成プロジェクト」が採択されました。その成果の延長において、もっと誰もが通信技術が身に着けられるものとして、オープンソースハードウェア上での展開が良いものと、いろいろな関係した人たちからの意見が出てきて、その実現化に向けて動きました。
直ぐに展開できたわけではありませんが、小さい会社から大きな会社まで、さらに大学の先生方の支援もあって、この3Gシールド開発およびその展開を広げることができるようになりました。

― こだわった点、苦労した点など

誰もが使えるようにするためには、マニュアルの充実が一番で、さらに事例を多く紹介することも肝要です。
また、利用できる関数は、より簡単に、分かり易く、利用しやすいものを用意しました。
サンプルのプログラムとしては、遠隔操作でのメール送受信、時間取得、電波状態の取得、GPS(位置情報)の取得、インターネットとの連携、クラウド連携、ツイッタ―連携などを用意しました。
マニュアルには、できるだけ図や写真を用いて、分かり易く、工夫しました。
これらのことで、中学生向けの講演(セミナー)なども実施し、その甲斐あって、アイデアコンテストにおいて見事、中学生が優秀賞を受賞することなどができました。

材料・道具など

基板 Icon external

3Gシールドは、IEM版3G通信モジュールを搭載したArduinoの拡張ボードとなります。SIMカードを差し込んで利用します。他にアンテナを接続します。

Raspberry Pi Icon external

3Gシールドは、簡単なUARTのシリアル通信を使っているため、Arduino以外のマイコンボードでも利用できます。すでに、Raspberrry Piでも3Gシールドを使った実績があります。Wikiページにてその接続方法も公開しています。

GPS Icon external

3Gシールドでは、GPS機能も通信モジュールIEM版にも搭載されています。アンテナ+ケーブル・コネクタ(別売り)を利用するだけで、現在位置を捉えることができます。

アンテナ Icon external

3GアンテナとGPSアンテナの2つを取りつけできます。

電池 Icon external

9V乾電池や5V系USBケーブルによる電源が供給できます。アウトドアでの利用も可能です。

3G Icon external

NTTドコモ系のSIMカードを使って通信ができるようになります。現在、IIJmioやSONET、DTIなどの 合計10種類ほどのSIMカードが利用できます。

設計図など

自らの頭脳を、日本のモノづくりに時間を傾けてみては如何でしょうか。M2Mビジネスの世界は、防犯・防災、医療・介護、農業・漁業、建設・保全、観光・娯楽、環境・エコ、資源・エネルギーといった多くの分野でのモノづくりが期待されています。
知恵やアイデアを絞りだし、最先端の技術を取りこみ、身の回りの安心・安全な製品化開発に挑戦してみては如何でしょうか。さらに市場は東南アジアや世界に繋がっていきます。

Commentator file

タブレイン 2016/04/11 07:09

6月はセンサ協議会主催のセミナーで講演します

Commentator file

タブレイン 2016/04/11 07:06

5月に東海大学FLABTokai主催イベントで紹介していきます。

Commentator file

タブレイン 2014/09/16 00:51

明後日18日東京ビッグサイトにて、次世代センサ協議会主催セミナーで、3Gシールドを紹介します。オープンソースハードウェア普及による試作やプロトタイプ開発のモノづくり世界が、大きく変わり始めています。まだまだ、多くの企業は、気づいていない様ですが、一部は、B2Bだけからの脱却も考え始めたところも出てきました。その代表企業も紹介します。

Commentator file

タブレイン 2014/08/05 08:10

9月8-9日高度ポリテクセンターで技術セミナー開催 http://www.apc.jeed.or.jp/seminar/course/14semiE057.html セミナー申込みは、こちら http://form1.fc2.com/form/?id=926963

↑Top
ものづくりをもっと楽しく!もっと継続的に!
  • Makerなあなた
    Ttl dark footer01

    ※MakersHubの会員登録が必要です

  • ものづくり面白そう!と思った人
    Ttl dark footer02

    どんどんコメントして、
    ものづくりの楽しさを知ろう!

    ※Facebookのログインだけでコメントできます

IEM版3GシールドV2.0 東京都公認製品合格

公開:2014/04/01 08:45:05

※通報内容によって、当社で不適切と判断されたものは掲載を削除するなどの対応を行います。必ずしも反映されるとは限りません。なお、通報内容への当社からの回答は行いませんのであらかじめご了承ください。

この投稿を通報しますか?