公開日:2015/01/27  最終更新日:2017/05/28

ガイガー風鈴

制作:2012年9月〜  工数:24 時間

1

世界初!!<<< (自称)
空間放射線量の平常を癒しとして奏でるガイガー風鈴
電子工作コンテスト2012(作品展示)
最近、プリント基板も作ってみています。左側の写真の初号機の音源は、8ピンPICを採用していましたが、右側の写真の弐号機の音源は、10ピンRL78G10を採用しています。

views

1,204

comments

0

― 制作のきっかけ、理由

原発事故で、買ったガイガーカウンタ、のど元過ぎればで、埃がたまっていることが、残念なことです。日々、平常を確認していけることが肝心です。

― こだわった点、苦労した点など

インテリアとしての体裁の実現。
ガイガー管を駆動する昇圧回路(Max DC500V)には、入手が難しい特殊なトランスを使わずに、一般的に入手できるチョークコイルを採用。

原発事故で、買ったガイガーカウンタ、埃がたまってないでしょうか? のど元過ぎればでは、残念なことです。という訳で、空間放射線量の平常を癒しとして奏でるガイガー風鈴を作ってみました。平常値では、2分間弱ぐいらい、ほのかに風鈴音が聞こえてきます。
この作品紹介では、どんどんパクられて市場に同様なコンセプトの商品が流通することを願っています。

↑Top
ものづくりをもっと楽しく!もっと継続的に!
  • Makerなあなた
    Ttl dark footer01

    ※MakersHubの会員登録が必要です

  • ものづくり面白そう!と思った人
    Ttl dark footer02

    どんどんコメントして、
    ものづくりの楽しさを知ろう!

    ※Facebookのログインだけでコメントできます

ガイガー風鈴

公開:2015/01/27 20:58:21

※通報内容によって、当社で不適切と判断されたものは掲載を削除するなどの対応を行います。必ずしも反映されるとは限りません。なお、通報内容への当社からの回答は行いませんのであらかじめご了承ください。

この投稿を通報しますか?