公開日:2015/03/17  最終更新日:2017/08/13

Raspberry Pi2による、TVスマート化

制作:2015年2月〜  工数:1 ヶ月

退役寸前のブラウン管TVのリサイクル回収料金*2で、捨てずに先進ネットTV化し、URL入力・ネットサーフィンは無線KB/Mouseによって快適にという環境を実現しました。(タッチパネルでKB/Mouseナシも可に)
もちろん、USB-TVチューナーの接続の他、YouTube、インターネットラジオも視聴できます。

【追記】チューナーの視聴を、動画再生支援機構利用の形に改版しました。
    結果的にCPU負荷率は、12~13%まで低下しました。
【追記】Youtube Data API V2 が4月20日で停止になったため、V3対応の変更を掲載しました。
【追記】RaspbianのJessie版が9月14日に公開されたため、対応箇所の注意を追記しました。
    ついでに、専用7インチ・タッチパネルディスプレイ付きの写真と、
    その場合の変更スクリプトを追記。
【追記】Youtubeなどをダウンロードでなくlivestreamer で視聴する改造を実施しました。
    非常にスムーズです。
【追記】タッチパネルのとき、キーボードなしでTV操作できるように、
    Pythonスクリプトを中心としたプログラムを、製作記事の
    コメントとして投稿しました。
【追記7/28】チューナーPX-S1UDの場合の変更点を、製作記事の
    コメントとして投稿しました。

views

8,468

comments

0

― 制作のきっかけ、理由

アナログTVを捨てると、地球環境汚染の心配もあり、先端技術で活用できると、再利用の観点で幸せになれると考えました。

― こだわった点、苦労した点など

4CPUでも、変換を伴うと動画がカクカクしてしまうので、コンテンツのリサイズ変換が発生しないための各種設定を探るのが大変でした。
TV視聴のツールをomxplayerに替え、キーボード制御で使い易くしました。
また、二か国語放送の時はMplayerを使い、主音声だけ、副音声だけ、を選択できるようにしました、

材料・道具など

Raspberry Pi Icon external

Raspberry Pi2の高速クロック、4CPUを駆使して実現しています。
更に、動画再生支援でスムーズにしました。
【追記】RasPiZeroでも十分にリアル視聴できるようにしました。

作品の制作ページを公開しています。
http://www.pmp-jp.com/wp31/?p=798
http://www.pmp-jp.com/wp31/?p=830
(改版:3/22、3/28、5/15、10/15、16/2/3、3/22、7/28)

↑Top
ものづくりをもっと楽しく!もっと継続的に!
  • Makerなあなた
    Ttl dark footer01

    ※MakersHubの会員登録が必要です

  • ものづくり面白そう!と思った人
    Ttl dark footer02

    どんどんコメントして、
    ものづくりの楽しさを知ろう!

    ※Facebookのログインだけでコメントできます

※通報内容によって、当社で不適切と判断されたものは掲載を削除するなどの対応を行います。必ずしも反映されるとは限りません。なお、通報内容への当社からの回答は行いませんのであらかじめご了承ください。

この投稿を通報しますか?